ホーム > 福岡県介護員養成研修事業における指定要項

介護福祉進学コース – 福岡県介護員養成研修事業における指定要項

学校情報
学校名

学校法人不知火学園 誠修高等学校

住所・連絡先

福岡県大牟田市大字田隈956番地
TEL:0944-55-22344

代表者名

校長 衛藤幸雄

教育理念

本校は、生徒それぞれの個性や特性を伸ばす教育に取り組んでいます…( →つづきを読む

学則

→学則(PDF)

学園施設

→学園施設

学校情報
研修名称

介護職員初任者研修

研修の特徴・目的

本校における福祉分野の授業で学んだ知識を基礎とし、より専門性を高め、 将来的に高齢者を担うことのできる人材の育成を図ることを目的とする。

受講資格

本校保育科介護福祉進学コースに在籍していること。

定員

16名

受講者募集手続き

学校法人不知火学園 誠修高等学校保育科介護進学コース3年在学生徒のみ受講できる。

研修参加費用

合計 11,884円

[内訳]
・受講料  :なし
・テキスト代:7,020円
・その他  :細菌検査代  864円
       施設実習謝礼 2,000円
       施設使用料  2,000円

使用教材(テキスト)
※福教材を含む。

株式会社 日本医療企画
「介護職員初任者研修課程テキスト」

研修終了者の
認定方法
(終了評価の実施方法等)

(1)研修終了の認定は、全ての日程に参加した場合に、学校法人不知火学園誠修高等学校校長が終了認定を行う。
(2)終了評価は筆記試験により行う。ただし、介護に必要な基礎的知識の理解度及び生活支援技術の習得状況の評価については、併せて実技試験を行う。
(3)実習に関する評価は、受講者から提出された実習日誌に基づき行う。
(4)認定基準は、次の通りとする。
  C以上の評価の受講者は評価基準を満たしたものとして認定する。
  基準に達しない場合には、必要に応じて補講を行い、基準に達するまで再評価を行う。

評定基準

100点を満点とする。

A=90点以上 B=80~89点 C=70~79点 D=70点満点

受講生が実習等で知り得た個人情報をみだりに他人に知らせ、または不当な目的に使用することのないよう受講生の指導を行う。

研修責任者

校長 衛藤 幸雄

過去の研修
実施回数
(半年毎)

1回

過去の研修延べ
参加者数
(半年毎)

6名

研修カリキュラム
研修期間

平成28年6月14日 〜 平成28年10月6日

科目 科目内容

職務の理解

(1)多様なサービスの理解…2時間
(2)介護職の仕事内容や働く現場の理解…4時間

介護における尊厳の保持・自立支援

(1)人権と尊厳を支える介護…4時間
(2)自立に向けた介護…5時間

介護の基本

(1)介護職の役割、専門性と他職種との連携…1時間
(2)介護職の職業倫理…1時間
(3)介護における安全の確保とリスクマネジメント…2時間
(4)介護職の安全…2時間

介護・福祉サービスの理解と医療との連携

(1)介護保険制度…5時間
(2)障害者総合支援制度およびその他の制度…2時間
(3)医療との連携とリハビリテーション…2時間

介護におけるコミュニケーション技術

(1)介護におけるコミュニケーション…3時間
(2)介護におけるチームのコミュニケーション…3時間

老化の理解

(1)老化に伴うこころとからだの変化と日常…3時間
(2)高齢者と健康…3時間

障害の理解

(1)障害の基本的理解…1時間
(2)障害の医学的側面、生活生涯、心理・行動の特徴、かかわり支援などの基礎的知識…1時間
(3)家族の心理、かかわり支援の理解…1時間

認知症の理解

(1)認知症と取り巻く状況…1時間
(2)医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理…1時間
(3)認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活…2時間
(4)家族への支援…2時間

こころとからだのしくみと生活支援技術

(1)介護の基本的な考え方…2時間
(2)介護に関するこころのしくみの基礎的理解…4時間
(3)介護に関するからだのしくみの基礎的理解…4時間
(4)生活と家事…2時間
(5)快適な居住環境整備と介護…6時間
(6)整容に関連したこころとからだの自立に向けた介護…8時間
(7)移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護…8時間
(8)食事に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護…8時間
(9)入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護…6時間
(10)排泄に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護…6時間
(11)睡眠に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護…6時間
(12)死にゆく人に関連したこころとからだのしくみと終末期介護…5時間
(13)介護課程の基礎的理解…2時間
(14)総合生活支援技術演習…10時間

人権学習

人権学習…1.5時間

振り返り

振り返り…2時間

就業への備えと研修終了後における継続的な研修

就業への備えと研修終了後における継続的な研修…2時間

終了評価

終了評価…2時間

実習施設情報
実習機関

学校法人真宗大谷学園 九州大谷短期大学
〒833-0054 福岡県筑後市蔵数495-1

実習機関の介護保険
事業の概要

省略

実習機関における
延べ人数

16名

実習プログラムの
内容・特徴

介護実習
シーツ交換、入浴、食事、着脱、車椅子などの介助を体験します。

講師情報
講師名 担当科目 資格等

平坂 芳雄先生

職務の理解
介護の基本
認知症の理解
こころとからだのしくみと生活支援技術(1)
こころとからだのしくみと生活支援技術(3)
こころとからだのしくみと生活支援技術(4)
こころとからだのしくみと生活支援技術(6)
こころとからだのしくみと生活支援技術(7)
こころとからだのしくみと生活支援技術(8)

介護福祉士

中村 秀一先生

介護における尊厳の保持・自立支援

介護教員講習会修了

福永 良逸先生

介護・福祉サービスの理解と医療との連携(1)
介護・福祉サービスの理解と医療との連携(2)
振り返り
就業への備えと研修終了後における継続的な研修
終了評価

介護教員講習会修了

田上 真二先生

介護・福祉サービスの理解と医療との連携(3)

理学療法士

麓 敏子先生

介護におけるコミュニケーション技術
こころとからだのしくみと生活支援技術(2)
こころとからだのしくみと生活支援技術(6)
こころとからだのしくみと生活支援技術(7)
こころとからだのしくみと生活支援技術(8)

介護福祉士

塚本 真由美先生

老化の理解

看護士・保健師

河村 陽子先生

こころとからだのしくみと生活支援技術(12)

介護福祉士

中野 清隆先生

障害の理解
こころとからだのしくみと生活支援技術(5)
こころとからだのしくみと生活支援技術(9)
こころとからだのしくみと生活支援技術(10)
こころとからだのしくみと生活支援技術(11)
こころとからだのしくみと生活支援技術(13)

介護福祉士

宮下 結子先生

人権学習

高等学校教諭一種(同和担当)

連絡先情報
研修の実施担当部署

学校法人不知火学園誠修高等学校

TEL:0944-55-2344
FAX:0944-53-4891

保育科教諭:多田隈 清美

ホームへ
ページトップ