ホーム > 学科紹介 > 幼児教育進学コース

保育科 – 幼児教育進学コースCourse introduction

保育科 – 幼児教育進学コースとは

少子化でさらに重要視される保育、高齢化でいっそう求められる介護のエキスパート。 高等学校で、ここまで一貫して学べるのは、全国でも本校「保育科」だけです。 保育科で学ぶ生徒たちが活躍できる場は、日々大きく広がっています。

幼児教育関連校への進学を目指して「保育マインド」を育む科・コースです。

なりたい将来像Future dream

保育士になる!

幼稚園の先生になる!

こどもに関わる仕事をする!

取得出来る資格Qualification

保育技術検定

アロマテラピー検定

手話技能検定

英語検定

漢字検定

日本語ワープロ検定

メッセージMessage


内野 夕紀さん(大和中学校出身)

在校生のことばStudent message

ずっと夢だった保育士になるために、誠修高校に入学しました。好きな授業は地理と手話とピアノ。地理は先生が面白く、手話は相手に思いが伝えられた時にやりがいを感じます。ピアノは高校に入ってから始めたのですが、台数も多く、自分のペースで練習できるところが魅力です。






多田隈 清美先生(保育)

先生のことばTeacher message

保育科では、「子どもが好き」「幼稚園教諭や保育士を目指したい」という生徒たちが、明るく元気に学んでいます。ここで生徒たちに身につけて欲しいのは、「人の役に立つことを自分の喜びにできる豊かな心」、すなわち「保育マインド」です。そこで、誠修高校の保育科では、きめ細やかな教育で一人ひとりの個性・能力・特性を最大限に伸ばすとともに、社会人としてのマナーやコミュニケーション能力などの幅広い教養を身につけられるカリキュラムを整えています。
今後、ますますニーズが高まり、就職面でも大きな可能性を持つ保育士。その一歩を、私たちと一緒に踏み出してみませんか?

オリジナリティあふれる授業Originality

保育実習

育園実習は、3年生の夏休みに10日間行われます。保育園で園児達と一緒に一日の生活を行うことで、子どもへの接し方を学びます。 保育士の仕事を実際に体験することで、現場のリアルを知り、経験することが出来ます。

ピアノ

ピアノは週に3時間あります。保育士になるために必須であるピアノの授業を個別で受けることが出来ます。 ピアノは校内に30台程あり、2年半をかけてバイエルの教則本を終了させ、3年次には難易度の高い曲を弾けるまでになります。4名の先生方から一人ひとり個人レッスンを受けますので自分の成長ペースに合わせて確実に上達していきます。 入学時にはピアノが弾けない人でも、見違えるように成長できます。

アロマ

アロマオイルの作り方や香りの効果についてを勉強し、知識と技能を身に付けます。

ホームへ
ページトップ