校長挨拶・沿革

ホーム > 校長挨拶・沿革

誠修高校で
自ら明日への
道を切り拓く力を。

「めまぐるしく変化する社会のなかでも、
自らの力で、あなたの人生を輝かせてほしい。」
これが私たち教育者の願いです。

校長あいさつ

校長 衞藤 幸雄

100年の伝統を誇るこの学びの舎から、
それぞれの夢へ大きく羽ばたいて欲しい。

大正3年に創立した本学園は、これまで、「誠実」「親和」「敬愛」という3つの校訓を掲げ、生徒一人ひとりの個性や能力を開発し、想像力の豊かな人格の育成を行ってまいりました。
現在は、「普通科」「保育科」「生活文化科」という特色ある3つの科を設け、夢に向かって勉学に奮闘する生徒達を、教職員が一丸となってサポートしています。
また勉学だけに留まらず、クラブ活動も非常に活発で、近年もインターハイへの出場をはじめ、数々の大会で生徒達が活躍しています。 平成26年に創立100周年を迎え、新たな一歩を踏み出した本学園。魅力にあふれ、笑顔にあふれる学校生活の中で、ぜひ自分らしい扉を開いていただきたいと思います。

校訓 / School precepts

沿革 / History

大正3年 市内下里(現在の曙町)に大牟田家政学館を設立 創立者・初代校長:倉田トリ
大正5年 福岡県知事の認可により大牟田家政女学校と改称
昭和5年 文部大臣の認可により、大牟田高等家政女学校と改称
(修業年限3年、乙種程度)
昭和10年 文部大臣の認可により、福岡県不知火高等女学校を加設
(修業年限4年、高等女学校令による)
昭和23年 学制改革により、不知火女子高等学校を設置(普通科・家政科)
昭和26年 学校法人不知火学園と組織変更を認可
平成元年 家政科を生活文化科に改称
同科と普通科、商業科にコース制を採用
新制服に変更
平成11年 誠修高等学校と改称、男女共学制へ移行
平成26年 誠修高等学校創立100周年