ホーム > 学科紹介 > 食物栄養コース

生活文化科 – 食物栄養コースCourse introduction

生活文化科 – 食物栄養コースとは

「生きる」・・・そのために必要な力とは? 衣・食・住の基本的な営みはもちろんのこと、豊かな人生を送るための知識や技術を学べる学科。それが「生活文化科」です。 健康な心と体をつくるための「食」を学ぶ「食物栄養コース」。 生活文化科は、ひとりひとりの夢をかなえるために、思いを形にする実践力と社会に対応できる人間性、つまり「生きる」ために必要な力を育む場です。

「生きる力」と「感謝の心」を身につけ目指すは「食」と「美」のスペシャリスト。

なりたい将来像Future dream

パティシエになる!

パン職人になる!

フードコーディネーターになる!

食に関する仕事をする!

取得出来る資格Qualification

食物調理技術検定

英語検定

漢字検定

日本語ワープロ検定

メッセージMessage


山口 里穂さん(筑後中学校出身)

在校生のことばStudent message

先輩たちが楽しそうに調理実習している様子を見て、食物栄養コースを選びました。好きな授業は「製菓・製パン」。みんなで協力しながらパンやお菓子を作ることができるんです。今後は食物調理技術検定1級を取得し、将来は食に関する仕事に就きたいと考えています。





宮下 結子先生(調理 情報)

先生のことばTeacher message

生活文化科は、「衣・食・住」について学び、「生きる力」を育む科です。様々な実習・実技を通して自らの成長を感じることができるためか、生徒の表情も非常に豊か。また学年が上がるたびに集団の中での自分の役割を考え、積極的に行動できる生徒が増えているようにも感じます。高校の3年間は、人間としての基礎を身につけるのに、一番適した年齢・時期です。どんなに小さなことでも良いので、何事にも挑戦し、一つずつランクアップしていく喜びを知ってもらいたいと思います。その中で、物事に取り組む姿勢や考え方、さらには必要な知識や技術を身につけながら、「育てがいのある人物」として社会に羽ばたいて欲しいと思っています。

オリジナリティあふれる授業Originality

調理実習

生活文化科3年生の食物栄養コースでは、毎週4時間の調理実習に取り組みます。

製菓・製パン実習

製菓・製パンの調理実習では、作ったパンを学内で販売したりもします。生活文化科3年生の食物栄養コースでは、毎週4時間の調理実習の他に、こうした製菓・製パン実習に取り組んでいます。

テーブルマナー

1年時には西洋料理、2年時には中華料理、3年時には日本料理のテーブルマナーを完璧にマスターします。

ホームへ
ページトップ